店長ブログ

  •   昨日、帰国しました!

    歩き回りのロンドンから無事帰国しました〜。

    今回は、ロンドン地下鉄の洗礼を受けてしまいました=ロンドン中心部をぐるっと廻る文字通りサークルライン=ロンドンの地下鉄は解りやすいように線毎に全てのラインの電車内の手すりが色分けされています=サークルラインは黄色!!  これが曲者で、サークルという名前のくせに繋がってはおらずロンドン在住30年のベテラン日本人と私のオヤジコンビがGreat Portland St.駅から自然史博物館やビクトリア&アルバート博物館のあるSouth Kensungtonまでわずか8駅の距離にも関わらず乗り換え間違い・乗り過ごし・引き返し・・・で苛々しながら40分以上もかかってしまう始末・・・しかも、驚いた事に丸くないところにも黄色い電車は走っていたのでした。

    過去の地下鉄で一度も間違わずにすんなりと快適に移動出来たのが不思議なくらいのサークルラインでした・・・皆さんも呉々も車内が黄色の電車には気をつけてください(乗り継ぎ駅のEdgware RD St.=ここ要注意です)ね。

    そんな苛々の後の自然史博物館、ビックリ!です。行く機会があっったらぜひどうぞ。オススメです。無料で入れます。ビクトリア&アルバートも無料です。ロンドンには無料の博物館が沢山あります。

     

    散々歩き回って見つけて来た・・・今回の一番のお気に入り〜(2個だけ持ち帰って来ました)ドアストッパー!! 早速事務所で使っています。(ごめんなさい)お店には1つですので早い者勝ちです。

        

    さてさて、何年使えるでしょうか?・・・・私よりは長生きするのは間違いないですね〜。

  •        UK買い付け、木曜日(10/3)から行ってきま〜す。

    これから那須は晩秋〜冬に向かいます。あまり寒くならないうちに来年の目玉商品を探しにロンドン歩きして来ます。

     

    朝の9時にはホテルを出て夕方4時頃迄 あちこちあちこち 地下鉄と歩きで色んなものを探し廻ります=文字通り探し歩きます、結構ハードです。お金のかからないダイエットです。

     

    今回は、入れ違いで10月9日から阪急梅田で開催する英国展に来日するジャンコンスタンティンと現地で会い話をする予定です。ジャンは先日2日間日本のテレビ局の取材をうけ近々放映の予定との事ですので、放映日が解り次第アップします。可愛いジョアンナさんも一緒との事で、嬉しいです!!。

     

    少し、近郊も廻れたら廻って来ますね〜。

    ロンドンの画像、宜しかった覗いてみて下さい。

    https://www.google.co.uk/search?q=antique+shop+in+chester&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=qA5KUq3PJPDV4ATT9ICIDA&ved=0CAcQ_AU#hl=ja&q=%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3&tbm=isch&facrc=_&imgdii=_&imgrc=4Loab3JyISyoiM%3A%3BzV4tLbV-PVNpXM%3Bhttp%253A%252F%252Fontheday.img.jugem.jp%252F20121023_235137.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fontheday.jugem.jp%252F%253Feid%253D1936%3B500%3B375

    実際は、こんなところをグルグルと歩きます。

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88&rlz=1C5ACMJ_enJP522JP532&es_sm=91&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=125LUsHFOoiWkgWQpoDoDQ&ved=0CAkQ_AUoAQ&biw=1801&bih=1339&dpr=1

  •      皆様ありがとうございます。

    ?     お陰様で Sagaway も丸3年を超す事が出来少しづつですが知られるようになってきました。

     

          「那須へ来るので何処かないかな〜とネットを調べたらあったので来てみました」

          「お店の前を通りかかって気になったので帰りに寄ってみようと思って来ました」

          「ハーベストにパンフが置いてあったので寄ってみようと思って・・・」

          「娘が、ここ行きたい!と言うのでつられて来ました」

          「友達のブログに載っていたので・・・・」

          「雑誌に載っていたので、いつか行こうと思いながら中々来れずにやっときました」

          「・・・また、来ました」

     

         皆さん色々な理由ですが 何処か魅力を感じていただけた結果では・・・・・・と、感謝しております。

     

     

         これからも、少しづつ一つづつしか出来ませんがより一層お仲間さんやお客様に喜んで頂ける店

            魅力のあるSagawayにして行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

  • 坂本龍馬・・・・「竜馬さん」

    Sagaway、そして私の会社<竜馬インターナショナル>。すべての原点、坂本龍馬。

     

    いろんな事に出会う度に・何かをしようとする時に、いつもこの人がいます=坂本龍馬。何かに思い悩んだ時、苦しい時、感謝する時、いつも心に龍馬さんがいます。 出会った時から何故か 「竜馬さん」、もう、とっくに竜馬さんの生きた年齢を過ぎても、思う時はいつも「竜馬さん」。決して龍馬と呼び捨てには出来ません!!

    友達、相談相手、背中で見ていてくれる人、師・・・・。会社の名前に戴いて、飲む酒も司牡丹、京都の霊山護国神社の墓参りも行きます、身内でもないのにいつお参りする度涙がでます。近況や会社の事色々報告します。帰る時には「竜馬さんありがとう、また来ます」と言います。桂浜の竜馬さんの像の前に立つと顔が上げられません、・・・・坂本龍馬=竜馬さん。

             間違いなくこの日本に生きた人。 本当に31歳しか生きなかったのでしょうか?

    生まれ変わって1867年に行けたら、例え中岡慎太郎に斬られても「二人、今すぐ逃げて!」と叫びたい。

    31年の人生を駆け抜けた竜馬さんに感謝・・・・・・・・。ありがとうございます。

  • ROYAL BABY,お誕生おめでとうございます!

              英国王室に王位継承権第3番目 となる男の子が産まれました!                                        22 July ? 2013

                        IT’S A BOY

              こちらでご覧下さい ?http://www.bbc.co.uk/news/uk-22767289

  • クロックタワー・ビッグベン・エリザベスタワー

    イギリスと言えば BIG BEN。  現在は、北のヴィクトリアタワーに対してダイヤモンドジュビリーを記念してエリザベスタワーと命名されたが、ロンドン市民=イギリス人は正式な名称の「クロックタワー=The Clock Tower」とは言わず昔から愛着を込めて「ビッグベン」と呼ぶらしい=鐘の名前。それにしても、「もう写真撮らなくてもいいかな〜」と何度も思うのですが、視野に入るとカメラを構えている自分がいる。 それほど、日本人の自分でも「何とも言えない美しさがある」と感じてしまう、ビッグベン。

          

          

    完成は1859年、高さ95m、重さ13tの大きな大きな鐘=BIG BEN。この鐘がロンドン中に正確な時を告げています。

  • やっぱり・・・・・2台は欲しい〜、なかなかチョイスが難しい!

    もし、「あのさ、宝くじが当たったら何が欲しい〜?」等と話しませんか?

    そう言うレベルで、「好きな車に乗るとしたら何に乗りたい?」の話になり、何にしようかな〜と考えて行くうちに、仕事で使うし・・・時には一人でドビューンとドライブしたいし・・・・、で結果的に「やっぱり2台はないと困るな〜!の結論で選んだ車達。    <どの車とどの車の組み合わせが良いかも、よ〜く考えて選ぶ必要あり=これも悩みの種>

    オールアルミボディになり、見栄を張っても現実問題板金代が高そう〜(本音)だが、どちらかは欲しいレンジorスポーツ。

    007のダニエル・クレイグがコマーシャルに出演して自らハンドルを握り登場するシーンが忘れられないからSPORTSかな?  内装は少々ゴテゴテし過ぎ感があるが、元々「乗れば慣れるさ」なので現車はランドローバー青山のショールームで確認・確認。      (今のSPORTSが動かなくなったら。)

    その007、あ〜やはりここに行き着く? この車に相応しい人間になれるかどうかが問題・・・あと、10年? 70歳?

    50歳になり、人生で初めて買った新車「SUBARU IMPREZA WRX STi ?GDB-F type」、もし、手放す事=「元気なうちにもう一台カッ飛び車に乗りたいな〜」の気持ちが続いたら・・・・・・、その時はこれだ!!

    何処か自分の中から「もう若くはないんだから、大人しくのんびり楽ドライブが良いんじゃあない?」の声が聞こえて来たら、ジャガーXFだろうか・・・・・。

    フッと気づいてみたら、誰もが普通に憧れ欲しがるドイツ車御三家の車が一台もない!! ポルシェもフェラーリも。

                  お恥ずかしながら、思いついた車は英国車ばかりでした。

     

                  ・・・・・・・・・ドイツ車にすれば〜?・・・誰かに言われそう

                  そうだ、リベンジのDEFENDERはどうするの〜?! ・・・・・・難しい。

  • 007へ・・・・・・・、Mからの贈り物

                      このシーンに見覚えのある方いますでしょうか?

    ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?参考サイトhttp://www.jamesbondlifestyle.com/product/royal-doulton-bulldog-union-jack

    007シリーズの映画<スカイホール>作品の中で M の執務デスクにちょこんと乗っていた・・・・・、Mの死後ボンドに届けられたユニオンジャックを背負ったブルちゃん=本国ロイヤルドルトンで暫く欠品になっていたブルが2個届きました〜!!

    余談ですが、映画007の中でジェームズボンドが身につけるスーツは勿論、ネクタイ/傘/靴/アタッシュケース・・・・勿論アストンマーティンも、様々なものが実は英国製=そして、多くはロイヤルワラント<英国王室御用達>のブランド・製品なのをご存知でしたか?

    ブルちゃんの隣にあるオードトワレ「FLORIS No89」もロイヤルワラントを授かっているフローリスの製品なんです。「007」の作家・イアン・フレミングが作中の設定として使っています。そのトワレの名前にもなっている89は、フォートナムメイソンの真裏に佇むフローリスの本店の番地=89(ちなみにお隣にはこれも王室御用達のチーズ屋さん=パクストン&ウィットフィールドがあります)から来ているのです。ビクトリア女王の愛した「ホワイトローズ」、エリザベス女王即位50周年を記念して作られた「ブーケ・ドゥ・ラ・レーヌ」そして即位60周年記念の「ROYAL ARMS DIAMOND EDITION」、ジェームズボンドの香り=No89。

    嬉しいですね〜英国諜報機関のボンドだから英国製・そしてロイヤルワラントの製品を身につけている・・・こういうこだわりが人気の一因なのかも知れませんね。

    左から、ホワイトローズ・ブーケドゥラレーヌ・No89・ダイヤモンドエディションです。

  • 那須に行かない平日は真面目に仕事してます

    那須のショップでは、いらしてくれたお客様に失礼な事を言ったりご夫婦やカップルさんを弄ったりと不真面目な店長を演じていますが、普段の平日は東京の会社でごくごく真面目に仕事をしています。

    那須Sagawayにお越しのお客様から、「普段は何をしているんですか?」と聴かれる事が多いので普段の真面目な私を初公開しますね。

    仕事は説教と資金繰りに悩む仕事です・・・・ではなく、アパレル各社やアニメ・キャラクターの関連企業様からのOEM商品やノベルティグッズ等の企画制作が本業なんです。もう、30年がすぎました=粘り強いのか他に何も出来ないのか・・・・・。アパレル業界の歴史の話をさせると長いので触れないで下さい。

    仕事机、何の飾りっけもなくつまんないです。う〜ん、ゴルフ暫くしてません・・・・。観葉植物は22年生きてます=長生き!

    時々はこちらに移ってイギリス関連の本や雑誌を読んだり、Sagawayの事や色んな事・・・・、考えてます。たまに昼寝も。

    壁際が寂しいので少しづつモノを置きはじめたら、こんな具合になってしまいました。事務所の中がほとんど自宅状態です。

    今、一番のお気に入りのハロッズベアーとロイヤルコレクションのクッション=何故か色目が一緒なのにビックリ!!

    時々、このハロッズ熊に色々と相談しては助けてもらっています。 ありがとう〜。(プライスタグ外そう・・・)

     

    と、言う感じで真面目に仕事をしています。以上平日の私でした。次回はお酒の話とかしますね。

  • 初! 揺るがぬ伝統=BENTLEY お目見え

    英国の誇る 名門BENTLEY。 Sagaway初来店です。これで、ロールスロイス以外のほとんどの英国車にご来店頂いた事になりました。

    流石ベントレーのオーナー、ロイヤルコレクションのマグを2点とダイヤモンドジュビリーの記念コースターセットをお買い上げ、しかも、ものの5分で即決。

      「迷っていてはベントレーには乗れないな〜」と、妙に納得させられました。

リンクフリー 上のバナー画像をお使い下さい。